(出典 news.nifty.com)



1 牛丼 ★ :2020/01/12(日) 22:03:32.93 ID:xvachefh9.net

「思春期には30歳くらいの先生が、別の惑星の生き物に見えた」。そう話すのは、中学時代にいじめを経験した歌手で女優の中川翔子さんです。2019年の夏には、自身の体験などを『*んじゃねーぞ!!』(文藝春秋)としてまとめ、いじめ問題の深刻さを訴えてきました。

大人になった今、中川さんはいじめられていた「あの頃」をどう見ているのでしょうか? また、現代のいじめをどのようにとらえているのでしょうか。また、今、学校で「ひとり」になっている人たちになんと声をかけてあげればいいのでしょうか。話を聞きました。

「授業のあいだの10分がすごく長かった」

ーー『*んじゃねーぞ!!』は、大人でも共感できる部分が多いですね。

中川:思った以上にいじめを受けたことがあって、その傷がまだ癒えてない人、いじめ問題に心を痛めている大人がものすごく多いってことですよね。だから、発信し続けなければいけないんだなってすごく思いました。

いじめは人間の本能としてわきあがってしまうかもしれませんが、理性があるのも人間なので、それをどう見て、未然に防いだり、被害者を守るかということは、大人がしっかり考えなければいけませんよね。

ーー本では自身のいじめ体験についてもマンガや文章で記していますが、当時をあらためて振り返るつらさはなかったのですか?

中川:もう20年近く時が経っているので。だけどあの頃って、学校にいる時間全部が空気を読まなければいけなかったり、誰かに言われたことを何度も反芻しちゃったり。「あの時こうすればよかった」ってずっと考える長い日々。授業のあいだの10分休みとか先生がいないときにトラブルが起きるから、その10分がすごく長かったんです。学校でも家でも悩んでいたから、切り替える方法も知らなかったんですよね。経験値としてわからない。

そういう「すごくしんどかったな」、「重苦しい空気だったな」っていうのはおぼえていたので、そういう景色を絵にしていきました。

 一部略

ーー大人として当時の自分に声をかけられるとしたら、なんと言いますか?

中川:30代になって子供たちと接しているなかで角度が変わったというか、「生きててよかった」って思える風が吹く日って、急に来るんですよね。あの頃って将来のことなんて考えたくもなかったし、考える余裕もなかった。「どうせ私は」とか「なんで私がこんな目に」とか「どうせ私の悪口言ってるんでしょ」とか「どうせ私は」っていう心の口癖がついちゃって。

高校で環境が変わって、直接的に何かされることはなくなったんですけど、それでもやっぱり引きずって。ちょっといやなことがあると、「ああ、やっぱり死にたい」とか、そういうことばかり考えて。実際に何度か*うとまでして。

でも、本当に生きていてよかったなって今一番思っているので、当時の自分には「しんどいかもしれないけど、このままネットやゲームや本、夢中になることに没頭してなんとか生き延びて」って伝えたいかな。

続きまーす
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010001-danro-life





2 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:04:04.76 ID:F3Nqiv7B0.net

木下優樹菜みたいのにイジメられたんだろうなあ


3 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:04:12.52 ID:peHLjPjk0.net

もういいよ


4 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:04:22.95 ID:ZJOoUEzh0.net

また?・・・どうなんですかねw


6 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:04:32.70 ID:cTtMACoW0.net

いじめられた経験から女子大生を効果的に晒しあげたんだな


7 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:04:46.17 ID:UmgHWGwr0.net

嘘松


8 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:05:08.54 ID:4XWB8O9I0.net

いつまで言ってんねん


9 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:05:12.61 ID:RF1zCsOL0.net

嘘川


10 名無しさん@恐縮です :2020/01/12(日) 22:05:20.59 ID:8ibSK9lY0.net

虚言癖?